FC2ブログ

驚異のドラリオン! > ドラリオン 感想

ドラリオン 感想

メルマガ・売れたま!の記事「シルク・ドゥ・ソレイユを斬る!」

マーケティングメルマガ・売れたま!(バックナンバー)特別編Vol.096で「シルク・ドゥ・ソレイユを斬る!」と題して、シルク・ドゥ・ソレイユのマーケティングを分析しています。

以下、その一部を紹介いたします。

●太陽のサーカス、シルク・ドゥ・ソレイユ

きっとシルク・ドゥ・ソレイユのお名前くらいはお聞きになられたことはありますよね?

日本でのツアーショーが始まる度に大規模なCMや鉄道広告などが展開されるので、タイトルもきっと耳にされていることでしょう。

1992 『ファシナシオン』 全国8都市118回57万人

1994 『サルティンバンコ』 東京のみ248回 56万人

1996 『アレグリア』 東京・福岡のみ260回67万人

2000 『サルティンバンコ2000』 全国5都市530回124万人

2003 『キダム』 全国4都市516回132万人

2005 『アレグリア2』 全国4都市466回114万人

2007 『ドラリオン』 全国5都市569回149万人 (2008年6月現在)

(HPより)http://www.zed.co.jp/about_cds/intro.php

毎回100万人以上の動員をしていますね。

仮にチケット代が平均1万円とすると、100億円レベルの興行収入を日本だけで叩きだしていることになります
(だから日本にも来るんでしょうね)。

シルク・ドゥ・ソレイユはフランス語で「太陽のサーカス」という意味です。フランス語なのは、きっとその出自がカナダのケベックだからでしょう。


以上の記事に続いて。「顧客ターゲット」「価格設定」「競合」と分析してゆきます。

このメルマガを発行している方は、米国でMBAを取得し、現在は、ストラテジー&タクティクス株式会社というコンサルティング会社を経営されている佐藤義典氏です。

結局、「シルク・ドゥ・ソレイユを斬る!」は10回に亘って配信されています。

ご興味のある方は、こちらから登録できます。
 → http://www.mpara.com/index.htm
スポンサーサイト



ドラリオン 感想

ドラリオン 荒川静香さんの感想・・・

シルク・ドゥ・ソレイユの「ドラリオン」を観て

スケーターの荒川静香さんが感想を述べていました。


荒川静香さんといえば「イナバウワー」で有名なプロスケーターですが、

「美」を追求するパフォーマーとしては

通じるものがきっとおありのはずですよね!


コメントは興味深いものがありましたのでご紹介します。

『本当に凄かったです!ビックリしました!

 息つく暇もなかたですし、瞬きするのも忘れるぐらい、

 目が乾いちゃうくらいもう見入っちゃって、

 でもところどころ面白かったりして、

 見所満載っていうか、見所しかないっていうか、

 あっという間でしたね。終わるまで。

 やはりあれだけ高い技術、

 命までかかっている演目がほとんどなんですけども

 そういった高い技術も伝わってきますし、

 エンターテイメント性、

 アーティスティックな部分も素晴しかったりして、

 本当にそういった一つ一つがプロなんだなっていうところを感じるので、

 そこはそこで見習うところがあって

 高い技術を維持していくことって大事なんだなって思いました。』

とプロスケーターらしいコメントですよね!


芸術的にもすばらしいものをたくさん見てきているだろう荒川さんが、

ここまで賞賛するのですから、やはりドラリオン

本当にすばらしいものだということがまた証明されましたね!

ドラリオン 感想

ドラリオン サポーター黒田知永子さんの感想・・・

シルク・ドゥ・ソレイユの「ドラリオン」のサポーターに就任した、

黒田知永子さんが、サポーター就任に伴い

「ドラリオン フランクフルト公演」を見に行き、

そのときの感想を話してくれました。


「パフォーマンスの凄さ、音楽、衣装、ステージ演出

すべてが一体となって本当に違う世界に

迷い込んでしまった感覚を受けました。」と、

ドラリオンを観て衝撃を受けたという話をしてくれた黒田知永子さんでした。


日本でのドラリオンを観た感想も、紹介されていました。

『本当に飽きずに面白かったです。

 笑いもあるし、感動もあるし、

 あとちょっとロマンティックだったり、

 すごい身体能力っていうのも感じるし、

 あそこの席に座ったときからショーが始まっていて

 本当に飽きさせない、うまく出来てるなって思いました。』


年齢に関係なく、楽しめる空間だったというお話でした!


観客の一体感って、映画など観ていてもありますよね!

思わず声を上げてしまう瞬間だったり、

大笑いしてしまうような瞬間だったり・・・。


そういう一体感がすばらしいのも

ドラリオンの特徴じゃないでしょうか!

ドラリオン 感想

ドラリオン感想 もう一度観たいです♪

2007年~2008年、日本中はドラリオンで感動!

ドラリオン東京公演を観ての感想

とにかく、すばらしかった、感動した!のひとことにつきますね。

自分の人生にも活きてくるシルク・ドゥ・ソレイユのパフォーマンス。

特に4エレメンツの存在は心に大きく残りました。


古来から自然界を構成するとされてきた

「空」 「水」 「火」 「土」 の4つのエレメントが、

『 ドラリオン 』 の世界では、完全な調和を求め、

争ったり離れたりしながらも少しずつお互いを理解し、

ひとつになることを目指します。


クラウンという存在の楽しさ・・・

3人はどこか遠くの国からやってきたファミリー。

ショーのスタート前から会場を盛り上げる。

楽しいことにすぐ飛びついてしまう3人が、

曇りのないパワーでひとつの世界を作り上げていきます。


シンガーは魂の力。

どこの国の言葉でもない、でも、聴いたことがあるような

不思議な言語をサウンドに乗せて歌います。

力強く神秘的な大いなる魂の力で『 ドラリオン 』 の理想を導いていきます。


ミュージシャン
も偉大な存在感をかもし出していました。

7人のミュージシャンが、アーティストの息遣い、

体温を感じ取りながら生きた音楽を奏でる。

時に穏やかに、時に激しく情熱的な彼らの音は、

客席の時空を自在に動かすことができるような感覚です。


リトル・ブッダの存在も素敵でした!

特殊な能力を使い、

自在に「 魂 」になることができる「選ばれし存在」

しかし、本人は普通の子どもになりたいと願っている。

すべてを受け入れる多様な価値観のシンボルとして存在する

リトル・ブッダ。


もう一度、彼らに会いたいなぁと思う今日この頃です。

ドラリオン 感想

ドラリオン サポーター小倉智昭さんの感想・・・

シルク・ドゥ・ソレイユの「ドラリオン」のを観て、

公式サポーター、応援団長であるフジテレビ特ダネでお馴染みの

「小倉智昭」さんが感想を述べていらっしゃいました。


小倉智昭さん(応援団長)の感想です!

『相当おもしろい!!

(ドラリオンの)外国の公演のビデオとか観ていたんですけど、

日本向けにアレンジしてあるし、

もっとパワーアップしてるから面白いですよね!


「トランポリン」なんかでもさらに人数が増えるんだってね。

あのスピードでもっと(人数が)増えていったらどうなるんだろうと・・・。

ああいう「トランポリン」観たことないもんね!

壁面を使うっていうのはね。


最初の女の子のパワーバランスから始まって、

本当に息つく暇がないって感じでしょ。

いやー面白かった。

お客さんも相当熱狂してましたよ。』


ドラリオンの海外公演と比較できる人は数少ないでしょうね。


その中でも「おもしろい!」といお墨付きのドラリオン

すでに東京では35万人、その他、地方都市でも合わせて

50万人以上の人がドラリオンを観ているわけですが、

観た方たちの感想、聞きたいですよね~!


やっぱり「おもしろかった!」っていう言葉が一番なのかな!!